2014-11-08

第44回日本PTA中国ブロック研究大会玉野市大会へ

さて、20:00現在、大規模なサーバーダウンによって、このブログの表示がうまくいくかどうかわかりません。(rev. 11/9 7:00やっと復旧しました。)


笠岡からはマイクロバスで

たまたま人がいないタイミングでした

どこの会場もスタッフはみな親切 お世話になりました

振り返ると人の波 前に座っていると、J先生にポンと肩を叩かれました

玉野市長さんのあいさつが印象的でした

重鎮・藤谷氏の綿密なプレゼン、長い間お疲れ様でした

次回開催地出雲市のPR カツラがとれたのはいったいどこまで演技か^^

軽いお弁当 地元ではちょっと無理でしたか

エンディング


声楽家 バイマー ヤンジン氏の歌はいろいろな意味で圧巻だった。

チベット民謡は全く言葉がわからなくても無類の説得力があった。微妙な音程感も背後にある秘境の世界を垣間見たようだった。逆に日本唱歌は日本の歌なのに、ワールドミュージックの様相となるのは、そんな発声からくるエキゾティシズムなんだろうか。遠いアジアを通った、日本。

そして語られる、無垢な眼から見た、いまの日本。その世界観は、もっと多くの人に触れてほしいと感じた。「仰げば尊し」は、先生方の多い客層への迎合と思い込んでいたが、そんな浅薄なものではないことは当の先生方にこそ、染み渡ったのではないか。


記念講演よりはるかに濃いアトラクションであった。





会場・玉野市総合体育館

今日はひとまずここまで入力して、様子を見させてください。(rev. 写真のアップまではできましたが、台湾のサーバーから見ることしかできなかったです)